無料ブログはココログ

« 個人経営の会社に社会保険を適用したい場合 | トップページ | 団塊の世代の不安に応えるビジネスについて »

会社の退職と年金の関係

日本に在住している20歳以上60歳未満の方は職や収入の有無に関わらず、年金に加入しないといけませんので、「私入らない」ということはできません。20歳になっていない場合でも、会社に就職し一定以上の収入が見込まれると、年金に加入する義務が生じます(中卒や高卒で就職した場合です)。   

次に、年金の種別を確認します。
第1号被保険者(国民年金)…20歳以上60歳未満で下記のいずれにも該当しないすべての人。手続は自分で市町村や年金機構で行う。
第2号被保険者(厚生年金)…厚生年金適用事業所に勤務し、一定以上の収入が見込まれる 会社員や公務員。手続は事業所(会社)が行う。
第3号被保険者…第2号被保険者に扶養されている配偶者。手続は2号被保険者が勤務する事業所が行う。

用語
被保険者…保険料を支払い、保険(年金)を受ける権利がある人。対義語/保険者…保険料を徴収して、保険(年金)を支払う者。
厚生年金適用事業所…法律により勤務する人を第2号被保険者(厚生年金)に加入させる義務のある会社。株式会社や有限会社(法人)又は、個人事業の場合でも5人以上従業員を雇っている場合。適用事業所でない場合は、第1号被保険者(国民年金)となる。 
扶養…無職又は一定以下の収入しかなく、主に誰かの収入により養われている人
配偶者…婚姻関係にある、男性から見て妻(家内)、女性から見て夫(主人)。

一般的なイメージとして
・中卒・高卒の場合 卒業し、会社に就職すると、20歳未満でも第2号(厚生年金)として年金に加入します。そして、何らかの事情により、会社を退職すると第1号(国民年金)に種別変更となります。また次の会社に入社すると再度第2号に種別変更されます。めでたく結婚し寿退社となれば、第3号に種別変更されます。
  ・大卒の場合 まず、20歳になると第1号(国民年金)として年金に加入します。卒業し、会社に就職すると、第2号(厚生年金)として年金に加入します。そして、何らかの事情により、会社を退職すると第1号に種別変更となります。また次の会社に入社すると再度第2号に種別変更され、めでたく結婚し寿退社となれば、第3号に種別変更されます。

このように、入社や退職、結婚など節目で第○号がころころ変わるのが分かると思います。この変更手続は第1号なら自分が市町村役所で、第2号は勤務先の会社が手続、第3号は自分からの申し出により配偶者の勤務先が手続をします。 
なので、第2号以外は、自分から動かないと種別変更されず、きちんと変更されていない期間は未加入期間として計算されますから、うっかりしていると年金を受け取るために必要な最低25年の加入という条件をクリアできず、老後に年金を受け取れなくなってしまいますから、種別変更の手続は大変重要です。

« 個人経営の会社に社会保険を適用したい場合 | トップページ | 団塊の世代の不安に応えるビジネスについて »